よく使われる経済用語

FXには、専門的な経済用語が頻繁に出てきます。
それらの用語を知っているとスムースにFXに必要な知識が頭に入ってくるのですが、わからないとなかなかFXに慣れることは出来ません。ですので、そうした経済用語はあらかじめ知っておいたほうが賢明なのです。

特に、FXをやっていく上で欠かせない経済用語は円高と円安です。この二つの用語を理解しますと、FXで必要になってくる情報の意味がよく理解できるようになります。

例えば、1ドル90円の為替相場があったとします。
1ドル90円のときに、この相場が1ドル100円になったとします。
この場合、円の価値は上がったでしょうか、それとも下がったでしょうか。
この場合、円の価値は下がったことになるのです。

お金の見かけ上は、90円から100円になって、価値が上がっているように見えてしまいますので勘違いされることもあるのですが、円の価値は上がっていないわけです。

この場合の考え方は、1ドルを90円で交換してもらっていたものが、1ドル100円も渡さないと交換出来なくなった、と考えるのです。
今までは90円を支払うだけで交換出来ていたものが、今度は100円支払わないと交換してもらえないようになったのです。では、なぜ交換するのに10円多く支払わなくてはいけなくなったのしょうか。
もちろん、円の価値が下がってしまったからです。

このように、円高と円安は言葉としては簡単かもしれませんが、内容を理解すると相互関係によって成り立っていることがよくわかります。こうした経済用語は、しっかりと理解しなくてはいけません。



>> 総合ランキングをすべてを見る

FX最新ランキング